入荷しました

2013年1月13日 (日)

アメリカンクラシックハブのシマノ10速11速対応フリーボディーセットが入荷しました

11アメリカンクラシックハブのシマノ10速11速対応フリーボディーセットが入荷しました。
111011
シマノ11速対応フリーボディーのセット内容。
フリーボディーとその隣の手裏剣みたいなのが特許を取得するに至っているフリー構造のラチェットを動作させるカムプレート。
その下左側の黒いのが左ロックナット。小さいワッシャーはベアリングに。一番右の大きい丸い輪っかは10速に対応させるために入れるスペーサー。

1110フリーボディーと11速対応フリーボディー10速を使う時に入れるスペーサー。
11373011速対応フリーボディーの幅は37.30㎜。
89103544
こちらはシマノ8・9・10速フリーボディー。幅は、35.44㎜。
1018310速に対応させるスペーサーの厚みは18.3㎜

シマノ10速11速対応フリーボディーは¥9800でフリー交換に伴うグリスアップとフリーを交換するとホイールのセンターがずれるのでホイールセンター出し作業工賃全て込みで¥15000です。

カンパからシマノも可能です。もちろんその逆も可能です。

お問い合わせはnrs*n-rs.com(*を@に変えて下さい)までお気軽にどうぞ。

2013年1月10日 (木)

アメリカンクラシックハブセラミックベアリングアップグレードキット入荷

StreetFighterに始まりSUPERZIPP・SUPERENVEとアメリカンクラシックハブを使用したホイルビルドは100セットに近い。

アメリカンクラシックハブは、ハブの耐久性云々をチョクチョクお問い合わせ頂くのだが確かに2005年以前にフリーに問題があり、リコールと言うのがあった。

リコールとはメーカーが正式に問題を認め回収すると言う工業製品としては珍しくないケース。

11速をリリースしたばかりの某社のチェーンなど、発売後に四ケタの品番の下一ケタが00から01に販売店に何の通告もなくそっと変えていたりとかお約束で(トップグレードコンポでそれを二代続けてやった)。で、それまでのコネクトピンが使えなくなったりとか。

リコールをメーカーが上記のチェーンを作っているメーカーと違いちゃんとしているところは工業製品を作っている会社としては、真っ当なわけで。

現在は、そのリコールのあったフリーは、特許を取得する方法で完全に回避されている。

ついでに、もう一つ特許を抑えているようで、アルミフリーボディーのスプロケットの付く部分の溝がシマノ・SRAMタイプだと使っているうちにスプロケットが駆動の力により、フリーのスプロケットが抜けなくなるぐらい変形して、交換することになってしまう。

現在の形式のフリーはシマノが開発したカセットフリーと言う名称のタイプで
それまでは、ハブはハブ単体で、ボスフリーと呼ばれるフリーボディーとスプロケットが一緒になったモノをハブにねじ込んで使うと言うもの。長くそれがスタンダードだった。

その構造だと、ハブがハブシャフトを支えるためのベアリングと、そこにフリーボディーにもベアリングが付くため構造的に重くなってしまう。

そこでシマノは、ハブにフリーボディーを直接付けて、一体構造とすることにより軽量化と強度アップと言う二つを実現させた。それが現在のカセットフリーだ。

当時は、カンパを初めとするハブは(日本だとサンツアーや三信)ボスタイプと呼ばれる旧来型でレジナと言うボスフリー専門のメーカーが有ったぐらいメジャーだった。

自分は、最初に買った片倉シルクのスポルティーフがシマノ600のカセットフリーで、その後に買ったナショナルの(パナソニックでは無い)Espressoと言うシュパーブプロがアッセンされたロードがボスフリータイプなのだったが、レースに出るのにマビックOR7(オロと読む)で組んでもらった決戦用ホイールは、シマノ600(現行のアルテグラ)でフリーはもちろんカセットフリーだった。

当初のカセットフリーは、スチールボディーでスプロケットもスチールで、トップギヤがロックリングを兼用しており、全てのギヤが一枚一枚独立した状態だったので、コースに合わせて自由自在にギヤを入れ替えたものだ。6速だったけどね。

重量的にはと言うと、ボスタイプのフリーを付けたハブと、シマノカセットフリーだと完全にカセットフリーの方が重量的に軽くて、カンパが作っていたオールアルミのボスフリーやサンツアーが出していたアルミフリーのウイナーを付けたりしても、スチールスプロケットを付けたシマノのカセットフリーの方が重量的に軽かったと言う。

ただ、当時のシマノの広告には、その重量面やスプロケット構成の変更のしやすさなどは全く触れられえていなかった。

なので、一般的には持って軽いアルミボスフリーが決戦用フリーとして徴用されることが多かった。

カンパのアルミボスフリーは文字通り決戦用で、良くて1000㎞。大体それまでにラチェットがかからなくなり、使用不可になると言うキワモノパーツでもあった。

そして、カセットフリーの特許が切れる一か月前ぐらには、サンツアーからカセットフリーのラインナップが出ていたり(発売は特許が切れた直後)、現行のフリーボディーのシステムが一部安価なものを除き全てカセットフリーになった事からその優位性が見て取れる。

話が大きくそれてしまってすまない。

アメリカンクラシックは、リコール問題などを特許を取得する方法で完璧に回避しており更にアルミフリー本体のシマノ・SRAMタイプが抱えるスプロケットの溝の部分が変形する問題をこれまた特許申請中?の方法で回避している。

ハブ一個に二つも特許抑えてるなんて、多分アメリカンクラシックだけ。しかもラージフランジで軽量。Photoこの、フリーボディーの変形の問題は、カンパは当初から予想していたのか溝が深いので発生しない。

シマノは、軽量にするために7850デュラ以降フリーボディーをチタンで作っているが、それでもスプロケットの溝が変形するケースがあるので、アメリカンクラシックが押さえている特許が切れるのを虎視眈々と待っている状態。

で、今日の本題。

アメリカンクラシックのセラミックベアリングのアップグレードキットが入荷しています。
Photo_2
前後6個セットで¥29400。ステンレスのベアリングキットが¥13230なのでそれと比較すると高いとはいえなかも。

ハブのベアリングの抵抗に関しては、こんな感じなのだが(読みにくいのはスマソ)それでも敢えてセラミックベアリングかと言うとホイールの剛性アップに寄与するからである。

なんせ、700Cと言う大口径の車輪を真ん中で支えているんだから、そこの剛性を上げる事はかなり効果的。

取りあえず、ワンセット入荷しているので(以前の代理店では一年かかっても入荷しなかった)人柱的な意味で、最初の作業は工賃なしでやっちゃいます。

StreetFighter・SUPERZIPP・SUPERENVEユーザーの方。

カートリッジベアリングなので、ベアリングを打ち替えてしまえば、他は何もしていないのに即ホイールの戦闘力をさらにアップさせることが出来ます。

これからアメリカンクラシックハブを使ったNRS決戦用ホイールの購入を考えておられる方も最初からセラミックベアリングで行くのも良いかもしれません。

ちなみに、作業にはこんな工具を使います。うちではカンパの大道具に次ぐ高額なツールのベアリングプーラーとインストーラー。
Photo_3


Photo_4


元々マビックキシリュウムのベアリング交換のためにリリースされたもの。

キシリュウムのベアリングの交換もセラミックへのアップグレードも含めてお問い合わせくだされば対応いたします。
高精度で、ハブを痛めることなく交換が可能です。

他のカートリッジベアリング(シールドベアリング)ハブもほとんど対応していますので、お問い合わせください。 nrs*n-rs.com (*を@に変えて下さい)

2012年12月 2日 (日)

タクリーノ COZMA(コズマ)

Photo
先月、作業してると電話が。
出ると”上坂ですが”と。”おー久しぶり~”と自分。

上坂とは、自分はクラブチームで彼はモリ工業のファクトリーチームの選手で
同じレースを何度も走ってた。まぁ、ほとんど引きずり回されてたんだけどw

上坂は、あまりみんな知らないけれど全日本実業団インディビデュアルパーシュートで優勝していたり、ソウルオリンピック選考のTOJの前身である国際ロード大阪大会で外国の選手二人で逃げ切ってあわや優勝とか。

テレビ中継見てたらアナウンサーが”とんだ伏兵が!”と絶叫していたのを覚えている。

自分は、その直前の同じくソウルオリンピック選考のレースで中継のテレビカメラが倒れてきて激突と言うありえない事故で、直後はたいしたことなかったんだけど、結局入院して膝の手術とか色々と。

そんな上坂からの電話で”タクリーノのルブリカントの売り込みかな?”と思って作業に区切りつけて待機。

久しぶりな上坂との再会は、まぁ雑誌とかでチョクチョク見てるのであんまりどうこうは無いんだけど。

そしたらルブリカントじゃなくてフレーム持ってきました。それがタクリーノのCOZMA。

COZMAは、前に一日20万件?ヒットがあると言うブログ主であるKinoさんがBBタップとフェイスカットで持ち込まれて作業していた。

その時に、色々と文字通り見て触って作業してとして”良く出来たフレームだな~”と思っていた。

これで¥20万でお釣りがくるのがさらにすごい。ほとんど塗装工場しか持たない欧米ブランドにしちゃうと¥40万ぐらいになるのに。

まぁ、上坂には選手時代に借りがあるし、良いフレームなのでそのうち売れるだろうし一番目立つところに展示すると言う条件で、サイズも色も変えてくれると言うので仕入れることに。

モノ的には作ってるのは世界のフレーム工場である台湾でベルギーのE社のフレームを作っている同じ工場。

なので石畳などの走行性能がかなり良いと。

なんせ、上坂の実業団チームの選手が購入して使っているので間違いはない。

タクリーノCOZMA(コズマ)。
http://www.speedcog.com/Products/cozma.htm
現在ストックはSサイズで色は人気のアジロブルー。もう新潟の方に売れちゃってますが直ぐ入荷しますので。

購入される方は、もちろんNRSフィッティングをして(無料!)適正フレームサイズに変えたり、ステム長、サドル高、ハンドル幅で組み上げます。

遠方の方もOKです。NRSフィッティングでジャストサイズにして甲のダンボールバイクパックを購入していただきますが、それに入れれば前後輪とサドルを抜けば送れますので、メンテナンスも心配ありません。

Photo_2ヘッドは、下側が1-1/4で上側が1-1/8と上下異形ベアリングとトレンドを抑えてある。ヘッドパーツはFSA No42が標準装備されている。
Rc403大胆なデザインのシートチューブ。リアセンターは405mm。

Torayca_t700scフレーム素材は、TORAYCA T700SCを使用。中国製じゃなく安心の日本の東レ製カーボンクロス。

Photo_3ワイヤー類は、全て内蔵。ちゃんとインナースリーブが通っている細かい作り。
Photo_4シートクランプは肉薄カーボンで、ピンはチタニュウムと言う、こういう目立たない所にまでコストをかけているところから、このフレームの出来のよさの片鱗がうかがえる。

Photo_5タクリーノCOZMA(コズマ)のシンボルマークである勝間南京は現在の大阪市西成区玉出町付近(旧勝間村)が原産の日本固有のカボチャです。実は小さいのですが、粘りがありしまっている。
それをさして小づくりでムチムチっとした女性を「こつまなんきん」と呼んだそうです。
コンパクトでグラマラスなタクリーノCOZMA(コズマ)フレームにピッタリだと思い命名された。

世界第一戦級のカーボンモノコックフレームを味わってみては如何ですか?

フレーム価格¥199500(Ajiro Color)¥モノホワイト・モノブラック¥189000

販売価格はお問い合わせください。nrs*n-rs.com(*を@に変えて下さい)。






2012年5月15日 (火)

ベロフレックスカーボンチューブラー

P1040043

ベロフレックスカーボンチューブラーが入荷しました。

このタイヤは、ツールドフランスでも実績のあるタイヤです。
22Cで実測は260g。後輪で2000㎞以上。フロントなら5000㎞ぐらい行けます。

本物のレーシングチューブラーを是非体感してください。

NRS価格は、¥11000です。ホイールを購入される方はホイール購入者特典で¥9850です。

チューブラータイヤは、貼り方が難しいとか思い込んでいませんか?

昔や、お金のないプロチームはリムセメントを使うので、確かにハードルはありますが今は、両面テープのTTP-1があります。

YouTubeで”チューブラータイヤの貼り方”で検索してください。
非常に簡単にタイヤは貼れますよ。

グランフォンド吉野に出る方などは、特にチューブラーを薦めます。
あのコースは、リム打ちパンクが多発するので、クリンチャーでは確実にパンクします。

チューブラーは、スネークバイトと呼ばれるリム打ちパンクに非常に強く、パンクしてもクリンチャーのようにタイヤがズレて、リムが路面に当りノーコントロールになることがありません。

NRSでは、まず安全面からチューブラーを薦めています。
その次に絶対性能で、クリンチャーやチューブレスは、チューブラーに敵わないからです。

P社やI社がプロチームにクリンチャーやチューブレスを供給してるとかありますが、プロはお金をもらえば基本的に何でも使います。
ただ、勝負のかかったレースやTTではチューブラーを使っています。

クリンチャーを全面展開している○シュランがミシュランカラーで”Pro2"と銘の入ったチューブラータイヤを作っているのがこの会社だったりもします。

その事がチューブラーの性能の高さを示しているのではないでしょうか?

そのチューブラーで比較的安定して、値段と性能が両立されているのは、ベロフレックスです。

タイヤ装着に使用するTTP-1は¥3900です。

2012年4月17日 (火)

DEFY ADVANCED1 サイズS 2011

Sold Out!Defyadvancde

ジャイアントには、レーシンググレードのTCRに対してDEFYというラグジュアリーグレードがある。

その中でADVANCEDと付くのが今回紹介するDEFY ADVANCED1。フレームサイズはS。

ホイールベースがレーシンググレードのTCR ADVANCEDがリアセンター405と詰まっているのに対してDEFY ADVANCED1は420。
ガッツリとロングライドしても快適に走れる。
レースでの戦闘力も侮れないものがある。

50341128 コンポーネントはフルアルテグラでコンパクトクランクが標準装備。クランク長は170㎜。
スプロケットも11-28とワイドレシオなので、ヒルクラムも余裕。

NRSで購入される方は、NRSフィッティング(¥5000)と適正ステム長への交換(¥5500)が無償。

Photo_3 ついでなので、ペダルも無償で付けちゃいます。コンポーネントがアルテグラなのでペダルもアルテグラで、しかも軽量なカーボンにしました。

ペダル込総重量は7.73kg

適応身長は、165㎝~175㎝(あくまで目安)。

スローピングフレームの場合ホリゾンタル換算のトップチューブ長でフレームを合わせる。

今回のバイクのトップチューブ長だとリーチが1599~1780で60㎜~120㎜までのステム長でストライクゾーンに合わせられる。

リーチの測り方は、壁に貼りついて胴体に対して直角に(Tの字に)両手を開いてもらって指を伸ばして左右の中指と中指の間の距離。

一人では無理なので、どなたかに手伝ってもらって測ってみてください。

Photoシートピラーはエアロダイナミクス形状のベクターカーボンにサドルはフィジークのアリオネ。

一台のみ! 2011年価格税込で¥409500のところ、特別価格の¥2*0000!!

*はジャイアントに怒られちゃうので例によって言えませんので
nrs*n-rs.comお問い合わせください(*を@に変えてください)。

タイヤも標準のMICHELIN PRO OPTIMUM 700x25C もタイヤとしては十分高性能だがせっかくのチューブレスホイール。

Dt_swiss_r1700_tubeless_triconPhoto_2

IRC Formula Pro Tubeless 700x23C ソフトタイプへ¥14800でアップグレードしちゃいます。

スルガ銀行のバイクローンもご利用になれます。

メーカー詳細は以下をご覧ください。
http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p_id=00000022&action=outline

2012年4月14日 (土)

FS TCR ADVANCED SL ISP サイズS

Sold Out!

Fstcradvancdeslisp

色々とろくなレギュレーションを作らないUCIだが、その中に数少ない素敵なレギュレーションがある。

第16条3-1-2
自転車およびその付属品は、スポーツとして自転車を実践する全ての人が使用できるために市販され、あるいは市販可能な形式でなければならない。
特定の成果(記録の樹立など)を獲得するために特別に設計された機材の使用を認めない。

要は、ツールドフランスやジロデイタリアでプロ選手が使っている機材は、全て自転車を愛好するものなら、買える状態でないとレースで使う事は出来ないって言う事。

モータースポーツの頂点であるF1やモトGPのレーシングマシンは、決して市販されることはないが自転車の世界では、市販しないとレースで使えないという事がレギュレーションで明確に定められている。

買えるF1や買えるモトGP。もしこういったものが市販されたのなら億単位になる。

ところが、自転車の場合基幹となるフレームなら数十万で買う事が出来る。

買えるF1。それが今日のブログで紹介するジャイアントのフレーム。

TCR ADVANCED SL ISP

2011年モデルだが戦闘力は第一線級。なんせ去年ラボバンクが使っていたフレームだからね。

世界三大カーボンフレームメーカー”GIANT””MERIDA””TRIGON”。そう全てTAIWAN。

MERIDAとTRIGONはすでに生産ラインの多くが中国にシフトしているが、GIANTはカーボンの生産ラインは台湾から動かさないと言っている。

もう周知の事実だが、やはりまともに名前を挙げると大人の都合で困る人がいるのでどこのフレームとは言わないが、欧米ブランドの多くのマスプロモデルの生産ラインには塗装工場しか存在しないところが多い。P社とかC社とかF社や、、、これ以上は、やめておこう。

C社は上位モデルはパイプのみジャイアントで生産させ、フレームに仕立てるのは本国でやっているようだが。

ジャイアントは、現在のフレームの主流であるトップチューブが傾斜したスローピングフレームを初めてデザインとして確立した。

P1030877 トップチューブを大胆にスローピングさせることにより、軽量化や剛性アップとステムをチョイスするだけで、少ないフレームサイズで数多くのライダーに合わせることを可能にした。

ホリゾンタルフレーム(トップチューブが地面と平行)の場合は、基本的にフレームサイズ(シートチューブ長)で選ぶがスローピングフレームの場合、ホリゾンタル換算のトップチューブ長で選択する。

今回のTCR ADVANCED SL ISPのSサイズだとNRSフィッティングで算出するとリーチ1620㎜~1800㎜の方ならステム60~120の範囲でジャストサイズに合わせる事が可能。

Photo_3 トップチューブとダウンチューブを大口径化したMEGA DRIVE(メガドライブ)大幅な剛性アップ。

Photo_4 コラム下部を1-1/4としたOVER DRIVE COLUMN(オーバードライブコラム)により剛性アップと軽量化を実現。

Photo_6 P1030880
86㎜幅のシェルに直接ベアリングを圧入する独自規格のPOWER CORE(パワーコア BB86)によりペダリング剛性がアップ。

Photo_7 INTEGRATED SEAT POST(ISP インテグレーッテッドシートポスト)UCIプロツアー標準仕様のフレーム一体型シートポストが重量を軽減しつつ剛性バランスを最適化。

デュラグレードのBB(正確にはXTR)をインストール済みでトップ画像の状態で1.3㎏。

2011年価格が¥336000。欧米ブランドでは実現不可能な価格。まさに産地直送ならでは!

さらに、型落ちモデルとなるので価格は特別価格の、、、ジャイアントに怒られるので言えなーい。

nrs*n-rs.comまでお問い合わせください。(*を@に変えてください)

購入される方は、好評いただいているNRSフィッティング(¥5000)が無料。

スルガ銀行のロードバイクローンもご利用になれます。

フレームの詳細は http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p_id=00000006&action=outline

2012年4月13日 (金)

暴力を通り越してもはや凶器の900ルーメンLED

以前BASSOのリビルドをした長野県のT林様

Photo
ブログで紹介したM様ご注文の強力充電式LEDライトが欲しいとお問い合わせを頂いた。

Photo_2
同じ2LEDで600ルーメンは在庫切れで、3LEDで900ルーメンなら在庫がありの状態。

600ルーメンでも夜店の電気を消して店内から外を照らすと二車線道路を挟んだお向かいのマンションがクッキリするぐらい明るかった。

それが今回は900ルーメン!
900
これ、昼間に撮影しています。太陽光より明るいって、、

2LEDで600ルーメンの時は”暴力的な明るさ”と表現したが900ルーメンはもはや凶器!! 悪用厳禁!!!

Led3900

重量は276g。バッテリーはもちろんLt-ion。

¥38900でご提供。価格も強力w しかし、安全はお金で買えるのだ。

2012年2月17日 (金)

ベロフレックスエクストリーム

Photo 廃版になってしまった決戦用タイヤの名品、ベロフレックスセルジオコルサ。

その後継とされているエクストリームが少量ですが入荷しました。

セルジオコルサは、20Cと言う細さからは想像できないハイグリップでした。

乗り心地も抜群で、それでなくてもクリンチャーに比べて価格とタイヤ交換の手間以外 安全性も含めて全てにおいて勝っているチューブラーの中でもさらに最上位の走行性能。

220g 実測重量は220g。

NRSでは、260gのベロフレックスカーボンを常時在庫しているが、ここ一番の決戦用タイヤとしては260gと言う重量のカーボンは今一つ物足りないものがあった。

だったら、とっととエクストリーム発注しとけよと言う話になるのだが、カーボンの実績に対してエクストリームはそのあたりの情報がなくて、発注するのを躊躇していた。

そこに、SAPIM CX-RAYの事を教えてくれたドイツ人メカニックのMartinから“ベロフレックスのエクストリーム?あれ、最高だよ。以前までカーボン使ってたチームもエクストリームに切り替えてるし”と情報が入った。なら迷う事は無い。

前後エクストリームで行くもよし。摩耗の激しいリアのみカーボンにして、グリップを司るフロントにエクストリームを持ってくるもよし。

710 空気圧は、7気圧から10気圧でコントロールできる。

価格は¥12900なり。カーボンよりもNRS価格で¥1900高いが、その差は十分お釣りがくる。もちろん、ホイール購入者特典価格対象です。

2012年1月17日 (火)

SUPERENVE組みまくり

Superenve SUPERENVE、オーダー分を何とか明日の定休日前に組み上げた。

ワンセットは、店頭在庫用なので現在でしたら即納です。

ホイール購入者特典もご用意しておりますので、お問い合わせください。

試乗用のSUPERENVEは現在、愛知県の方に貸し出されていて、今週金曜には返却される予定です。

試乗されたい方もお問い合わせください。誓約書に同意していただければ、往復送料のみご負担いただければ、全国発送いたします。

お近くの方ももちろん試乗をご利用ください。

中華ではない、軽く、空気抵抗が少なく、剛性があり、精度も抜群の本物のカーボンディープリム(チューブラー)を是非お試しください。

2011年11月22日 (火)

ベロフレックスカーボンチューブラー、入荷しました

P1030461

ベロフレックスカーボンチューブラー、入荷しました。

ツールドフランスでも実績のあるベロフレックスカーボンチューブラーが入荷しました。

人気のタイヤなので、在庫を切らさないようにしているのですが、入荷が不定期です。

このタイヤはクリンチャーを全面展開しているM社が契約プロチームに対してベロフレックスにM社カラーの”Pro2”と銘を入れて作らせて供給しているものです。

その契約は50本供給を受けたら、パンクしてても何してても50本数を揃えて返さないと次の供給が受けられないというもの。

そのため、ベロフレックス製のM社”Pro2”と銘の入ったタイヤは決して流通することはありません。

そんな高性能なベロフレックス。NRS価格、一本¥11000です。
ホイールをオーダーされた方にはホイール購入者特典で一本\9850でご提供。

260gでリアで2000㎞以上。フロントは5000㎞ぐらい使えます。

グリップと乗り心地を司るフロントにベロフレックスを入れて、摩耗の激しいリアだけ一本¥2000のビットリアラリーにされるのもありです。

チューブラータイヤは費用対効果が如実に出ます。

ビットリアなどのアジア製の数千円で買える物とイタリアンハンドメイドのベロフレックスでは価格差以上の性能差があります。

レースで使用される本物を是非体感してください。

タイヤ装着に使用するリムテープTTP-1は¥3900です。

より以前の記事一覧