« アメリカンクラシックハブセラミックベアリングアップグレードキット入荷 | トップページ | 105ハブ・マビックオープンプロを使ったブルベ用手組ホイール »

2013年1月11日 (金)

昨年4月に販売したジャイアントDEFY ADAVCED1

Defyadvancde

去年販売したGIANT DEFY ADVANCED1(ジャイアント デファイ アドバンス1)。

もう、去年4月に販売した完成車をアップしたりとかもはやブログではないと言う突っ込みありがとうございます(笑)。

ジャイアントのカーボンフレームはざっくり二種類でTCRとDEFY。ちょっと乱暴かもしれないけど。

Compositeとかも追加されてるんだけど、Compositeに関してはまたそのうちという事で。

TCRは完全なるレース用でクランクもコンパクトクランク(アウター50Tのインナー34T)ではなくノーマルクランクと呼ばれるアウターギヤ52Tのインナーギヤ39Tが標準となっている。

なので、基本TCRお買い上げの方はコンパクトクランクへの交換が必須。

DEFYはと言うとコンパクトクランクが標準となっている。また、ホイールベースがTCRよりもDEFYは長めにとってある。

元々フロントギヤは、アウター53Tのインナー44Tとかが主流で、リアも5速や6速だった時代はローギヤが21Tとか大きくても23Tとか。それでアルプスとか登ってたわけで。

自分も初めて買ったロードレーサーのフロントギヤは53T×44Tでローギヤも6速のリアも21Tで六甲山にトライして二回ぐらい足をついた経験がある。

今回のDEFYは2011年モデルで、たまたま一台だけ自分が乗れるサイズがジャイアントのクリアランスで安くなっていたので仕入れた。

売れなきゃ自分で乗りゃ良いんだしと。まぁ、乗らないんだけどね。

で、展示してたら女性が来店されて、トライアスロンを始めたいんだけど自転車の相談と言う感じで来店されて。

自分は、選手をやめた後に遊びでトライアスロンもやっていた。ショートに二回参加しただけだったけど。それまでもこんなバイクを組んだり
Kestrelこんなこと言ったりしてるぐらいなので  トライアスリートのバイクを作ったりとか普通にしている。

他店購入のトライアスロンバイクの整備と言うか、マトモに組まれていないトライアスロン専門ショップを標榜するところが組んだバイクをマトモにしたりとか。

そもそも、トライアスロン用バイクと言うのは存在しない。っえ!?ヤバいこと言った?秘密なの?

TT用バイクかロードバイクにDHバーを付けただけの完全なるロードレーサーしか存在しない。

なんでもそうなのだが、それ専用と言ってしまうと商売的に売りやすいという事が多々あって。

トライアスロンバイクに関しては、これも読んでもらうと色々とね。

ジャイアントは現在主流のトップチューブがフロントからリアにかけて斜めに下がっているスローピングフレームのやりだしっぺであり、完成させたメーカーである。

ジャイアントのスローピングフレームはコンパクトロードデザインと呼称していて、極端にトップチューブをスローピングさせることにより、剛性アップと軽量化と、サドルの上げ下げとステム長を調整することにより少ないフレームサイズで多くのライダーに合わせる事が出来るようになっている。

今回来店された女性のK見様。NRSオリジナルフィッティングすると60のステムを付ければジャストサイズで行けると解った。

それと、K見さんがDEFY ADVANCED1に一目ぼれ状態で。

今一台FOCUS CAYOが作業で入っていて、フィッティングもご希望だったのでフィッティングして、セッティングを見るとドンピシャの状態で。伺うと〇イオレーサーを受けておられたとか。あれってお高いですよね?NRSオリジナルフィッティングは¥5000で、NRSで購入される方は、もれなく無償です。

NRSオリジナルフィッティングは三か所のデータを測るだけで、ストライクゾーンのセッティングもしくは適正フレームサイズを算出できます。

K見様のフィッティングを反映したセッティングとサイクルPCやWボトルゲージ、LED類を装着した状態のDEFY ADVANCED1。

Defy_advanced1_2
ステムの位置が高いが、これはわざと。一般の女性の場合体幹の筋肉が弱い傾向にあるのでステム位置はサドルと平行から高めが基本。この状態で、入っているスペーサー分を全てスパッとカットしてしまえば見栄えはかなり良くなるんだけどね。

まぁ、見栄えよりも実際に走ってどうかが重要なので。

・DEFY ADVANCED1¥265000(コンポアルテグラ・アルテグラカーボンペダル付・ホイールDTチューブレス)
・ボトルゲージ ミノウラ ¥846×2 ¥1692
・サイクルPC キャットアイCC-RD400DW ¥9800
・ミニポンプ パナレーサー ¥2500
・ジャイアントフォールディングツール¥1800
・スペアチューブ¥900
・LEDコンボ ¥3465

NRSフィッティングとフィッティングに基いたセッティングによる適正ステム長への交換とアルテグラカーボンペダルを全て無償で合計¥285157也。

NRSでは、完成車販売は全て無償でフィッティングして、ロードバイクは適正ステム長への交換も無償です。

クロスバイクも適正フレームサイズを無償でフィッティングして、お選びいたします(これ重要)。

もちろん、アフターサービスも完璧です。

購入後、調整に関しては生涯無償です。

各種クレジットカード・スルガ銀行バイクローンもご利用に慣れます。

今年のジャイアントのTCRやDEFYはさらに進化していて、全てDi2対応で機械式を使う場合もシフトワイヤーが内臓式となっている。

これで、去年モデルと値段が上がっていないと言うね。

NRSでロードバイクを購入される場合、フィッティングが無償なのとそれを反映するステム交換を含めたセッティングも無償。

って言うか、ステムの交換なしでロードバイク売ったことありません。

サドルは5,6センチぐらい簡単に上げ下げできるけど、ステム長は、5㎜単位で調整するところだから。

完成車のロードバイクを販売するときに、適正ステム長への交換をしないで販売するとかとてもじゃないけど無理です。

« アメリカンクラシックハブセラミックベアリングアップグレードキット入荷 | トップページ | 105ハブ・マビックオープンプロを使ったブルベ用手組ホイール »

お店の色々なこと」カテゴリの記事

バイクギャラリー」カテゴリの記事

作業」カテゴリの記事

提供サービス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411254/48699286

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年4月に販売したジャイアントDEFY ADAVCED1:

« アメリカンクラシックハブセラミックベアリングアップグレードキット入荷 | トップページ | 105ハブ・マビックオープンプロを使ったブルベ用手組ホイール »