« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月17日 (火)

DEFY ADVANCED1 サイズS 2011

Sold Out!Defyadvancde

ジャイアントには、レーシンググレードのTCRに対してDEFYというラグジュアリーグレードがある。

その中でADVANCEDと付くのが今回紹介するDEFY ADVANCED1。フレームサイズはS。

ホイールベースがレーシンググレードのTCR ADVANCEDがリアセンター405と詰まっているのに対してDEFY ADVANCED1は420。
ガッツリとロングライドしても快適に走れる。
レースでの戦闘力も侮れないものがある。

50341128 コンポーネントはフルアルテグラでコンパクトクランクが標準装備。クランク長は170㎜。
スプロケットも11-28とワイドレシオなので、ヒルクラムも余裕。

NRSで購入される方は、NRSフィッティング(¥5000)と適正ステム長への交換(¥5500)が無償。

Photo_3 ついでなので、ペダルも無償で付けちゃいます。コンポーネントがアルテグラなのでペダルもアルテグラで、しかも軽量なカーボンにしました。

ペダル込総重量は7.73kg

適応身長は、165㎝~175㎝(あくまで目安)。

スローピングフレームの場合ホリゾンタル換算のトップチューブ長でフレームを合わせる。

今回のバイクのトップチューブ長だとリーチが1599~1780で60㎜~120㎜までのステム長でストライクゾーンに合わせられる。

リーチの測り方は、壁に貼りついて胴体に対して直角に(Tの字に)両手を開いてもらって指を伸ばして左右の中指と中指の間の距離。

一人では無理なので、どなたかに手伝ってもらって測ってみてください。

Photoシートピラーはエアロダイナミクス形状のベクターカーボンにサドルはフィジークのアリオネ。

一台のみ! 2011年価格税込で¥409500のところ、特別価格の¥2*0000!!

*はジャイアントに怒られちゃうので例によって言えませんので
nrs*n-rs.comお問い合わせください(*を@に変えてください)。

タイヤも標準のMICHELIN PRO OPTIMUM 700x25C もタイヤとしては十分高性能だがせっかくのチューブレスホイール。

Dt_swiss_r1700_tubeless_triconPhoto_2

IRC Formula Pro Tubeless 700x23C ソフトタイプへ¥14800でアップグレードしちゃいます。

スルガ銀行のバイクローンもご利用になれます。

メーカー詳細は以下をご覧ください。
http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p_id=00000022&action=outline

2012年4月14日 (土)

FS TCR ADVANCED SL ISP サイズS

Sold Out!

Fstcradvancdeslisp

色々とろくなレギュレーションを作らないUCIだが、その中に数少ない素敵なレギュレーションがある。

第16条3-1-2
自転車およびその付属品は、スポーツとして自転車を実践する全ての人が使用できるために市販され、あるいは市販可能な形式でなければならない。
特定の成果(記録の樹立など)を獲得するために特別に設計された機材の使用を認めない。

要は、ツールドフランスやジロデイタリアでプロ選手が使っている機材は、全て自転車を愛好するものなら、買える状態でないとレースで使う事は出来ないって言う事。

モータースポーツの頂点であるF1やモトGPのレーシングマシンは、決して市販されることはないが自転車の世界では、市販しないとレースで使えないという事がレギュレーションで明確に定められている。

買えるF1や買えるモトGP。もしこういったものが市販されたのなら億単位になる。

ところが、自転車の場合基幹となるフレームなら数十万で買う事が出来る。

買えるF1。それが今日のブログで紹介するジャイアントのフレーム。

TCR ADVANCED SL ISP

2011年モデルだが戦闘力は第一線級。なんせ去年ラボバンクが使っていたフレームだからね。

世界三大カーボンフレームメーカー”GIANT””MERIDA””TRIGON”。そう全てTAIWAN。

MERIDAとTRIGONはすでに生産ラインの多くが中国にシフトしているが、GIANTはカーボンの生産ラインは台湾から動かさないと言っている。

もう周知の事実だが、やはりまともに名前を挙げると大人の都合で困る人がいるのでどこのフレームとは言わないが、欧米ブランドの多くのマスプロモデルの生産ラインには塗装工場しか存在しないところが多い。P社とかC社とかF社や、、、これ以上は、やめておこう。

C社は上位モデルはパイプのみジャイアントで生産させ、フレームに仕立てるのは本国でやっているようだが。

ジャイアントは、現在のフレームの主流であるトップチューブが傾斜したスローピングフレームを初めてデザインとして確立した。

P1030877 トップチューブを大胆にスローピングさせることにより、軽量化や剛性アップとステムをチョイスするだけで、少ないフレームサイズで数多くのライダーに合わせることを可能にした。

ホリゾンタルフレーム(トップチューブが地面と平行)の場合は、基本的にフレームサイズ(シートチューブ長)で選ぶがスローピングフレームの場合、ホリゾンタル換算のトップチューブ長で選択する。

今回のTCR ADVANCED SL ISPのSサイズだとNRSフィッティングで算出するとリーチ1620㎜~1800㎜の方ならステム60~120の範囲でジャストサイズに合わせる事が可能。

Photo_3 トップチューブとダウンチューブを大口径化したMEGA DRIVE(メガドライブ)大幅な剛性アップ。

Photo_4 コラム下部を1-1/4としたOVER DRIVE COLUMN(オーバードライブコラム)により剛性アップと軽量化を実現。

Photo_6 P1030880
86㎜幅のシェルに直接ベアリングを圧入する独自規格のPOWER CORE(パワーコア BB86)によりペダリング剛性がアップ。

Photo_7 INTEGRATED SEAT POST(ISP インテグレーッテッドシートポスト)UCIプロツアー標準仕様のフレーム一体型シートポストが重量を軽減しつつ剛性バランスを最適化。

デュラグレードのBB(正確にはXTR)をインストール済みでトップ画像の状態で1.3㎏。

2011年価格が¥336000。欧米ブランドでは実現不可能な価格。まさに産地直送ならでは!

さらに、型落ちモデルとなるので価格は特別価格の、、、ジャイアントに怒られるので言えなーい。

nrs*n-rs.comまでお問い合わせください。(*を@に変えてください)

購入される方は、好評いただいているNRSフィッティング(¥5000)が無料。

スルガ銀行のロードバイクローンもご利用になれます。

フレームの詳細は http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p_id=00000006&action=outline

2012年4月13日 (金)

暴力を通り越してもはや凶器の900ルーメンLED

以前BASSOのリビルドをした長野県のT林様

Photo
ブログで紹介したM様ご注文の強力充電式LEDライトが欲しいとお問い合わせを頂いた。

Photo_2
同じ2LEDで600ルーメンは在庫切れで、3LEDで900ルーメンなら在庫がありの状態。

600ルーメンでも夜店の電気を消して店内から外を照らすと二車線道路を挟んだお向かいのマンションがクッキリするぐらい明るかった。

それが今回は900ルーメン!
900
これ、昼間に撮影しています。太陽光より明るいって、、

2LEDで600ルーメンの時は”暴力的な明るさ”と表現したが900ルーメンはもはや凶器!! 悪用厳禁!!!

Led3900

重量は276g。バッテリーはもちろんLt-ion。

¥38900でご提供。価格も強力w しかし、安全はお金で買えるのだ。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »