« 芦屋のO野様WindRunner | トップページ | SUPERENVE、お試し用の貸し出しを始めました »

2012年1月10日 (火)

東京の小島様、エクタープロトンwith StreetFighter

Photo_2 今回のバイクギャラリーは、ホームページにアップされているものだが、当初の文面にオーナーの承諾が得れずに、数日後にコメントを削除して尻切れな文章でホームページのバイクギャラリーにアップされているもの。

5年たって、承諾を得れたので改めて、ブログの方のバイクギャラリーにアップします。

東京のK島様。お問い合わせをいただいたのは、2007年の7月の事。

初めまして
東京の小島と申します。

70年代80年代のクロモリフレームを現代のテクノロジーパーツで走らせて見たいと思い色々ショップを探していましたところ、NRSさんのホームページにたどり着きました。

ロードは初心者ですが20代のときにビアンキのフルカンパを手に入れましたが1日でめげて(サイズ等合っていなかったんだと思います)手放してしまいました。

それがずっと引っかかっていました。先月ヤフオクで26インチのロードを手に入れなかなか楽しいのですが、やはり純血なロードレーサーが欲しくなりました。

何処のショップでもロードレーサーの説明は無く、NRSさんのホームページで始めて何たるかを理解した次第です。

現在、同じコンセプトで古いモーターサイクルも所有していますが安心してツーリングに出かけるまでには紆余曲折で時間がかかりました。

ロードレーサーも同じ時間を懸けたどり着くのも楽しいとは思います。が今年3月に人生は初の入院を経験し現在は完治していますが、再発の可能性も含め今後5年間の生存確率60%程度の状況です。

つまり時間が無いのです。

そこで、本物の匂いがぷんぷんしているNRSさんにフルオーダーをお願いしたいと思いました。

前置きが長くなりましたがハイスピードツーリングのメイン使用条件でビンテージ風なクロモリフレームで105程度のパーツ、ホイルは当然お任せで組んでいただくことは可能ですか?

予算は30万程度です。多少の前後はかまいません。見積もりでもかまいません。

可能な場合の質問ですが体のサイズを直接計測は出来ないと思いますが、問題なく製作できますか?

又、チューブラーとクリンチャーの違い、クリンチャーのリスクなどはホームページで理解できたと思いますがどちらのチョイスが正解なのか、チューブラーの場合6ヶ月ごとに張り替えることが自分に可能か不安があります。

長々と書いてしまいましたがお返事お待ちしています。

NRSのクライアントは北海道から沖縄まで多岐にわたる。北海道や東京からフィッティングを直接受けに来た人もいれば、メールでのフィッティングでバイクをフルオーダーされる方も多い。

バイクのインプレッションは、、、

こんばんは
東京の小島です。本日50㎞ほど流してきました。
そんなに経験があるわけではないので自己流の感想です。

まず第一印象ですが、しなやかな筋肉のようなバイクだと思います。
かといって踏み込んで遅れるということは無く、むしろ機敏です。

ギヤチェンジは今まで経験した事のないほどシャコ、シャコと変速します。
調整次第でここまで出来るのかと感動物です。今後もしヴィンテージパーツが手に入り、いかにカンパといえども使用する気にはならないでしょう。

コーナリングですが、バイカーから言わせるとあの細いタイアがグリップするとは頭で理解できないので怖いです。

しかしなんと言いますか、スキーでカーブで踏み込むと加速していく感覚、に似ています。
グッと体重を乗せるとスルスルとコーナーを抜けていきます。
この辺がNRS特製ホイルの恩恵でしょうか。(違ってましたらスルーしてください)

60年代のイタリアのワークスレーサー
MVアグスタ、ドカティの繊細で優雅な美しさを備え、モロさも併せ持つそんなイメージのバイクです。

目標はケイデンス90キープだったんですが、後半はへたれました。まだまだレーサーを乗りまわす体になっていませんが、このバイクとだったらいつかはロングツーリングでいくつも峠を越えることが出来るようになるでしょう。(本当に?)

このインプレッションを頂いた後、癌の事や5年間の存命率の事などをこの文面の最初にあるようにtypeしたのだが、退院されたばかりでナーバスになっておられたようで、削除となった。

現在の小島さんは、、、

”当時は入院中に読んだランスに触発されバイクをもう一度始めようと思ったので、 何か気恥ずかしいと思っていました。

五年間の生存確率47%と言われていたのであせる気持ちもありました。
今は丸4年になろうとしています。退院後、風邪一つ引きません。

昨年は剣岳登頂、昨日はスノーボードを担いで白馬乗鞍岳を登頂してきました。
発病前より元気なくらいです。

今や癌も特別な病気ではなくなり、完治するケースも多いと聞きますので 少しでも役に立てるのならいいと思います。

パイプはカイセイ8630R ラグメッキ カンパニョーロエンド コンポーネントは105でクランクはFC-R700。ホイールはStreetFighter。完成重量は8.4㎏。

Photo_3 フレームカラーは、人気色のファーストブルーのメタリック。ヘッドラグはメッキされている。

Photo_4 リアエンドは、デッドストックのカンパニョーロ製。

Bb BBハンガーは、補強坂付でブリッジを省略している。

Street_figter ホイールはStreetFighter。

« 芦屋のO野様WindRunner | トップページ | SUPERENVE、お試し用の貸し出しを始めました »

バイクギャラリー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411254/43693096

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の小島様、エクタープロトンwith StreetFighter:

« 芦屋のO野様WindRunner | トップページ | SUPERENVE、お試し用の貸し出しを始めました »