« SUPERZIPP | トップページ | カンパニョーロEPSテクニカルセミナー »

2012年1月21日 (土)

N田様LOOK586からクロモリフレームへ

81 NRS 橋本様
この3連休、エクターで100Kmほど乗ってきましたので感想をお送りします。
山岳コースをがっつり乗れていませんので、ファーストインプレッションレベルです。

非常にかっちりしている印象で、まっすぐよく進みます。
Look586
との比較になりますが、Lookが「腰高感」「クイック&ひらひら感」が強調された味付けであったことからは対照的な印象です。

私の印象ですのであまりあてにはなりませんが、重心が低く、かつLookと比べると入力のスイートスポットが広いように感じました。
(どこから踏んでも、ちゃんと推進力に変えてくれるようない感覚)
車重は7.1Kg → 8.1Kgになりましたが、甲山までの登り区間で、重いと感じるシーンはありませんでした。
下りのハンドリングは、クイックすぎずマイルドで安心してカーブに入っていけます。

小さな振動はLookよりも多く乗り手に伝える感じがしましたが、嫌な感じではなく100Km 程度ですが、乗った後の疲労度合は、エクターのほうが軽い印象です。

サイズがばっちりでているので、昔っから乗っているバイクのごとく、まったく違和感なく乗ることができました。
あと橋本さんの組み付けは、相変わらず素晴らしく、精度の高い機械を操る楽しみも満喫できました。

Photo_2 ヘッドラグとフロントフォーク全メッキとシートステイとチェーンステイは、剣先メッキ。ヘッドパイプとシートステイは、白の胴抜き塗装。フレームは、クリスタルロックされている。

Photo ヘッドラグメッキとフロントフォークは全メッキ。 シフトブレーキワイヤーは内臓工作。

Nrsurl シートステイは元々、全部白の予定だったが、行き違いがあり、胴抜きになった。そのままではなんだか物足りないので、NRSのUrlを貼ったらピッタリ収まっていい感じに。

7900superenve

コンポーネントは、7900デュラをLOOKから換装。

Look586 元々乗っていた、LOOK586。

SUPERZIPPに換装予定。重たいキシリュウムを付けて8.1㎏なのでSUPERZIPPなら余裕で7キロ台に突入する。

今回は、二色塗装でラグメッキ、フロントフォーク全メッキ、ブレーキワイヤー内臓でチェーンフック、FD直付け台座でフレーム価格は¥17万。作業工賃は、LOOKからのパーツ換装だったので、使える状態でのパーツ取り外しが¥5000。組立基本工賃が¥35000。

« SUPERZIPP | トップページ | カンパニョーロEPSテクニカルセミナー »

バイクギャラリー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411254/43823341

この記事へのトラックバック一覧です: N田様LOOK586からクロモリフレームへ:

« SUPERZIPP | トップページ | カンパニョーロEPSテクニカルセミナー »