« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月27日 (火)

NRSオリジナルフィッティング

Photo

NRSの作業は幾種もあるが、手組ホイールに次いで好評なのが実はフィッティングなのである。
このNRSフィッティングは、指定された方法で手足の長さと肩幅を測るだけでストライクゾーンを提供することができる。

ストライクゾーンなので、そのままで行ける人もいれば、3~5㎜のスイートスポットが存在する人もいる。

このフィッティングは、自分が1998年から2005年までレース現場にいた時に、選手の手足の長さとバイクのセッティングを測りまくって”この範囲に収まる”と言うのが分かったのでそれをエクセルに起こして、手足の長さを入力するだけで、ホリゾンタル換算のフレームサイズとトップチューブ長比の適正ステム長。もしくは、指定ステム長で適正トップチューブ長が算出できると言うものだ。

NRSフィッティングの優れたところは、自分が3年かかって出したポジションが一発で出せたこと。

元々、フルオーダーでフレームを作る際に使用していたのだが、世にポジションに悩んでいる人が多いことを知り、フィッティングだけでも提供することになった。

選手のデータを元にしたフィッティングは選手ではないビギナーには無理があるのでは?と思われる方もいると思う。

選手のセッティングは、実は長距離を高負荷で楽に走れるポジションなのである。
それは効率のいいポジションという事になる。

ビギナーとレーサーとの違いは、サドルとステムの落差のみの違いで共通しているのである。

選手(乗り込んでいる人ほど)ステムは低く(スペーサーゼロの場合もある)そうでない人の場合35㎜~45㎜スペーサーを入れて、乗り込むにつれてスペーサーを入れ替えて低くしていく感じである。

NRSフィッティングで提供できるのは、繰り返しになるがあくまでストライクゾーン。
そのセッティングから3㎜~5㎜の範囲内でスイートスポットが存在する人もいる。もちろん、そのままで行ける人も多い。

NRSフィッティングを受けて、そのデータに基づいてセッティングしたバイクのお客様が転勤で長野県に行かれたのだが、その時に元全日本チャンピオンの大石一夫さんのお店”ラヴニール”に行った時に”このバイクどこで組んだの?ポジションがキッチリ出ているね”と言われたそう。

元々、オーダーフレームを作るためのNRSフィッティングだが、今お乗りのフレームやサドル高やステム長が合っているのかどうかを確認するためにも利用できる。

また、新規にフレームを購入するのだが、どのサイズにすればいいかわからないときなども使える。
最近のカーボンフレームは、基本スローピングフレームなので、トップチューブでフレームサイズを決定する。
ステム100を基準として、NRSフィッティングに入力して、該当のフレームを見つけるのだ。

高価なフレーム選び、間違いのないフレーム選びにNRSフィッティングは、強力なツールとなる。

一年かけて乗り込んで出したサドルポジションをNRSフィッティングをしたら全く同じ数値だったお客様もいる。

サドルなどは、気軽に上下できるが、ステムとなるとそうはいかない。
その点、NRSフィッティングは、今お乗りのフレームのホリゾンタル換算のトップチューブ長が解れば、一発で適正ステム長を算出することができる。

P1030571 P1030572

フィッティングを受けられた方は、優に100を超える。それだけ実績があり、実効力があるという事だ。

NRSフィッティングは、¥5000。
メールでのフィッティングの場合は、こちらから指定の手足の長さの測定方法をお伝えしますのでそれに則って測った数値を頂ければ、ストライクゾーンを算出いたします。

このフィッティングで、サドルが高いとか低いと感じた人は、クリートの位置があっていないケースがほとんど。

以前、フィッティングしたら大幅にサドルを上げなくてはならなくて、そこそこ走る選手なので、クリート位置を確認しましょうという事で、店の横道を走ってもらって真横からクリート位置を目視で確認したら、明らかに深すぎていました。

クリート調整は、来店して頂かないとできませんが¥3000です。

2011年12月24日 (土)

東京のS木様手組ホイールのオーダーからクロモリオーダーへ

Photo 東京のS木様。
今年の五月に手組ホイールでお問い合わせをいただいた。

”こんばんはS木と申します。
さて、手組のホイールを考えているのですが、一応見積もりお願いします。
campagnolo centaur hubかまたはcampa record hubを使用して、
リムはambrosio nemsisまたはcrono F20で考えています。
体重は64kgですが、まだ乗り方が下手なのとオールラウンドに使いたいので、nemsisのほうが良いのではと考えています。

あと、centaur hubとrecord hubの違いを教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。”

それに対する返信、、、

”S木様

お問い合わせありがとうございます。
リムは、体重が64㎏という事ですからクロノF20(380g)も十分使えるかと思います。

ネメシス(450g)だと安心ですが、かなり重たくなります。

体重65キロまでを境にスポークをDTチャンピオン1.8からダブルバテッドのコンペティション2.0-1.8に変えています。

値段は、チャンピオンが¥3060でコンペティションが¥4340です。

後、軽く強靭で空力も求めるならサピムCX-RAY。
シルバーが¥26460でブラックが¥36750です。

軽いリムで、丈夫なスポークで行かれては如何でしょうか?

レコードハブとケンタウロハブの違いは、重量がとベアリングの方式が違います。
レコードハブは、フリーボディーがチタンで出来ており、ベアリングの方式がカップアンドコーンです。

これは、リテーナーと呼ばれるボールベアリングが入っていて、グリスアップやリテーナーのみの交換をすることが可能です。

現行製品なのでリペアパーツは全てカンパニョーロジャパンより供給されています。

ケンタウロハブは、フリーボディーがスチールでベアリングはカートリッジになります。
カートリッジベアリングの場合、グリスアップは出来なくて、
時期が来たらベアリングごと交換となります。

現行商品ではないので、問い合わせてみないとわかりませんが、リペアパーツの入手が難しいかもしれません。これに関しては、週明けに問い合わせてみます。

ホイールをオーダーされた方には、ツールドフランスでも実績のあるベロフレックスのカーボンをNRS価格¥11000のところ¥9850にさせて頂いています。
タイヤ装着に使うリムテープTTP-1は¥3900です。”

と言う感じで、将来的にはエクタープロトンもオーダーしたいと言う事でとりあえず手組ホイールを組んだ。

F20dt Photo_2

ホイールの感想は、とてもいいとのことだった。ゴツゴツ感がなく、良く転がりグリップも良いと。

そして、手組ホイールがお気に召したようで、エクタープロトンのオーダーもすることになった。

ビルダーに出したオーダーは以下の通り。

”橋口様

フレームのオーダーをお願い致します。

・カイセイ8630R
・フレームサイズ510
・トップ530
・FD直付け(コンパクト)
・ストレートフォーク
・チェーンフック
・リアブレーキワイヤー内臓(左でリアブレーキ)

※山の上り下りともに安心して乗れるもので、平地走行も安定していること。
あと乗りごこちの良いものを望みます。
ダートジャンプをされている。体重64㎏。
ホイールは、NRS手組チューブラーです。

色は後日指定します。”

で、10月に納車した。

Nrs まず、作業に当たりNRSチューンのバーエンドカット(¥2000)を。このチューンはすべてのハンドルバーに有効で、カットする部分は選手時代膝をぶつける以外、用の無い部分だった。ほんの少しの軽量化にもつながる。バーテープを巻き替える際にカットする部分が汚れていることはなかった。これは完全なデッドスペースだという事だ。

Photo_3 Photo_4

Photo_5 Photo_6

リアブレーキワイヤーは内臓工作している。

S木様からこんな感想を頂いた。

”EXTAR PROTON乗ってきました!最近休みが取れなくて久しぶりのライドです。約40km乗った感想ですが、

#1下りの安定感が抜群、

#2上りのギアのかかりが良く加速できる、

#3体重移動が意のまま

#4ルックスが最高

#5なにしろ橋本さんの組んでいただいた精度の良さがにじみ出ています。

つまり、予想していたBikeができあがり、大変満足です。

カイセイ8630Rが硬い印象があったのですが、そんなことなく乗りやすいです。

橋本さん、ありがとうございました!Longrideが楽しみです。

今回は、完成車を送って来ていただいて、その完成車からパーツを
エクタープロトンに換装すると言う作業。

パーツを使える状態で取り外すのが基本¥5000で、基本組立工賃が¥35000。

ここまでのやり取りは、基本全てメール。鈴木さんとは一度もお会いしたことはない。

メールでも出来るNRSフィッティング(¥5000)があればこそだ。

フレーム価格は、¥145000。車重フレームサイズ520でコンポベローチェで8.8㎏。もちろんフレームには、クリスタルロック施工をしている。

手組ホイール、オーダーフレーム、フィッティングのお問い合わせは

nrs@n-rs.com まで

2011年12月23日 (金)

大阪のS田様エクタープロトン

Photo 最初にお問い合わせをいただいたのは、2008年の事。
そして今年の5月に”依然問い合わせをしたものですが”とメールが。

まず、来店いただいてNRSフィッティングを受けて頂く。NRSフィッティングは、メールでも可能で¥5000。実際、来店できない遠方の方や、セッティングで悩んでいる方や、新たにフレームを購入しようと考えているが、どのサイズにしたらいいかわからないと言った場合、NRSフィッティングは劇的な効用をもたらす。

S田さんのフレームに対する要望は以下の通り。

オールラウンドに競技能力がある。
ただし、集団でスプリントするような使い方はしませんのでその点には重点をおきません。
島本町の裏は山なのですが路面が荒れていて曲がりくねっています。
六甲山のような整備の行き届いた道路はありません。
なので荒れた上りで失速しない、荒れた下りのカーブも安定して速く走れるもの。
自転車通勤もしたいので夜間、不意に悪い路面になっても急に振れたりしない。
ロングライドでは敏感すぎない直進性が欲しい。

ホイールは、危険なクリンチャーではなくて安全で高性能な手組チューブラー。
当初、リムはクロノF20でスポークはDTチャンピオンか、ダブルバテットのDTコンペティションに
する予定だったが、S田さんの方より”エアロスポークにすると走行性能が変わるか?”と
質問頂いたので、過去の事例から少なくとも普通にアベレージ速度が1km/h以上上がると伝えると
アップチャージになっても良いからとCX-RAYで行くことになった。

色は、カラーサンプルからではなくこんな画像を送ってこられた。

Photo_2 そして、仕上がってきたフレームは、、、

Photo_4 フレームが仕上がってきた。
非常に美しい、サンプル画像通りのサルビアブルーだ。
この美しい塗装をより一層引き立たせて長持ちさせるために”クリスタルロック”施工を追加することに。

Bb Photo_5

ラグレスのフィレット溶接が非常に美しい。フィレット溶接は、高度な技術が必要だ。超有名なビルダーでもラグが無いとフレームを作れないと言う人もいる。

リアブレーキワイヤーは内臓工作にしている。

5700_105_170_1225 Photo_6

納車後のファーストインプレッションは、
”感想としては、乗り心地がよすぎて、拍子抜けています。
 ゴツゴツしたところがまるでない。
 自分のツーリング車のほうがゴツゴツしています。

 こんなに楽チンでいいのかなぁというのが正直なところです。
 (*^。^*)”

ただ、フレームのBBの横剛性が高いのとホイールを荒れた路面でも乗りやすいように少し柔らかくしすぎたようで、立ちこぎでリアホイールが振れてチェーンステーに干渉して少し傷をつけてしまった。

Photo_7 これは、スポークのテンションを上げることで回避できる。

今回は、ブレーキワイヤーの内臓工作やスポークをCX-RAYにしたので約¥27000のアップチャージでトータル¥330812也。

フレームサイズ545 トップ532 パイプ カイセイ8630R コンポ105 コンパクトクランクホイール クロノF20 スポークCX-RAYで、車重8.9㎏。

2011年12月 8日 (木)

FOCUS CAYO2.0 チームミルラム2010年モデル走行距離3000㎞

このオークションは終了いたしました。Cayo ・FOCUS CAYO2.0 チームミルラム2010年モデル走行距離3000㎞

・フレームサイズC-T 54

・走行距離3000㎞程度

・コンポーネント SRAM FORCE

・チェーン新品(SRAM RED)

・クランク長172.5㎜ ギヤ50×34

・スプロケット 12-25

・ペダル無し

・ホイール シマノWH-R501新品

・タイヤ ビットリア ZAFFIRO新品

・チューブ ビットリアウルトラライト新品

・ハンドルバー FSAコンパクト400㎜ 

・ステム FSA OS150 100㎜

・シートピラー FSA SL-250

・サドル フィジーク アリオネ

・重量8.05㎏

・ジオメトリーは http://www.focus-bikes.jp/b_road/cayo20.php

NRSにて完全整備済み。チェーンにオイルは吹いていません。

クロモリをフルオーダーしているため、売却します。

股下が大体78㎝~85㎝ぐらいが適正です。

走行距離が3000㎞程度で傷も少なく(あっても表面クリアの僅かなもの)状態は、非常に良いです。

傷は、左右チェーンステーに僅かに二か所、よく探せば見つかるという状態です。他は全くの無傷で塗装は新車然としています。

フレームカラーは、ホワイトにライトブルーのチームミルラムカラーで非常に美しいです。

エリートのダブルボトルゲージ付。

直接取引も可能です。NRSにメールをください。

¥7万円からスタートです。

発送にはhttp://www.kabuto99.com/product/3を購入して送ります。箱代はこちらで負担いたします。

三辺合計サイズは245で佐川急便で、西宮→東京で¥3530です。

この箱は、前後輪を外すだけで送ることができます。

購入後のメンテナンスも、この箱に入れて送って頂ければNRSで致します。

使わないときは畳むことができます。

Sram

コンポーネントは、SRAM FORCE。

Sram_red チェーンは、REDの新品に交換済み。

ZaffiroホイールはWH-R501の新品。タイヤもビットリアZAFFIRO新品。チューブもリムテープも新品です。

以下傷です。

3

チェーンステー左にクリア表面に3mm程度の僅かな傷あり。

Photo 右チェーンステー内側に、ホイールを外した時にたわんだチェーンの跡らしき、クリア表面に擦れ傷あり。

直接取引も可能です。NRSにメールをください。お近くの方は、店頭で現車を見られては如何でしょうか?

MAVICキシリュウムESアニバーサリーモデル、新品レース用チューブラータイヤ付

このオークションは終了いたしました。

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m95715801Es

MAVICキシリュウムESアニバーサリーモデル、新品レース用チューブラータイヤ付

マビックキシリュウムES エディッションスペシャルDIXIMEアニバーサリーHELIUM チューブラー

世界初の完組ホイールであるマビックリウムHELIUMの10周年を記念して2006年に限定発売されたモデルです。

走行距離は5000㎞程度。振れ無し。

新品のレース用チューブラータイヤ、ビットリアコルサEVO CXをリムテープ(TTP-1)にて装着済み。

アルミスポークのジクラルが使われ、フロントハブはカーボンで前後セットで1400g台と非常に軽量です。

¥59000円からスタートです。直接取引も可能です。ご希望の方はNRSにメールをください。

Evo P1030509

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »