« ツールド熊野2011① | トップページ | 東京のS木様レコハブクロノF20DTコンペティションにアルミニップル »

2011年6月 6日 (月)

ツールド熊野2011②

ツールド熊野2011、初日のTTの朝。メカニックの朝一番の仕事は、空気を入れること。今回は、選手5人なのでバイク5台と+スペアバイク1台とスペアホイール3ペア(6本ね)のエア入れ。ポンプはもちろんこいつ

エアを入れているとマネージャーの中国系アメリカ人のダニーがゼッケンプレートとマトリックスの計測チップをライダーの数+スペアバイク用二つの計7個を持ってきてくれた。ゼッケンプレートには英語で選手の名前を書いてくれている。でも、一目見てわかりやすくしたいのでそこにメカニックボックスに入れてあるマジックで小さくカタカナで選手の名前を入れた。

ゼッケンプレートは、各選手リアブレーキのところにステーが付いていて、ねじでナンバーが縦になっちゃうけど取り付けられるようになっている。前夜にプーチョン選手のステーが千切れちゃってて、それを”ひねって横に向けて使えるようにしといてね♡”と言われていた。ゼッケン固定用のステーは、何かホームセンターで売っているただの薄い鉄の板って言う感じで非常にプア。手でクニクニすればすぐにおれちゃう感じ。それをプライヤー二個使って千切れないようにそーっと捩じって使えるようにした。

Photo ゼッケン付けて、準備万端。空気圧は全車8気圧。

Tttt マーカーされているのがトレンガヌの選手の初日TTスタートのタイムスケジュール。右の一番下のマーカーされているのがゼッケン1の全日本TTチャンピオン福島晋一選手。

Photo_2

物量が凄いニッポ。作業カーも持ち込んでいる。

一方トレンガヌは

Photo_3 携帯片手に立っているのはマッサーのKakoさん。今回は女性スタッフがマッサーとスポンサーのメイタンのサプリの開発をされているTomokoさん。女性スタッフと仕事をするのは初めてなので、ちょっと戸惑ったり失礼があったりしたけど、そのあたりはお互いプロなので無問題。

Photo_4 全日本チャンピオンウエアを着た福島選手。細く見えるけど、胸板とか凄かったよ。

レース初日とともに梅雨入りした近畿地方。絶好のレース日和w今回は、TTバイクは大会レギュレーションで使えない事になっていたので、メカニック的には非常に楽でした。TTバイクは”何キロ何分持ったらいい”って感じで、空気圧とかギリギリまで上げたりとかあるから非常に神経を使うからね。99年のツールド北海道の時も、選手が直前に後1気圧上げてくれとか言うから”0.5気圧ぐらいにしとこ”とかなだめたり。

トレンガヌのトップタイムは奈良選手。10位の好タイム。マネージャーのダニーのアドバイスでコーナー処理してタイムを稼いだ模様。

レースが終わったら、洗車作業に取り掛かる。

Tt 作業を始めてちょっとしたら、横に香港ナショナルチームが作業しだした。水道はホースにつないであるのが合ったので譲り合いながら作業。宿泊のホテルは日本チームと別で海外チームだけで割り当てられたみたい。ニッポもイタリアのチームなんだけど、ホテルのでっかい第二駐車場で作業してたみたい。作業カーがあると水道の心配とかもしなくて良いからいいよね。初日の洗車は数が6台だったのと、やっぱり汚れているので一番時間がかかった。やってることは、お店で提供している洗車オイルアップと全く一緒。

この後、洗い終わったバイクを地下の作業スペースに持って行って、乾燥を待つ。洗車が終わったあたりでスポンサーのメイタンの社長さんにチームみんなで回転寿司に連れて行ってもらった。でも、回転寿司なんだけどお寿司は直接握って渡されると言うシステムだった。回ってる寿司は何なんだろう。とりあえず、たらふく食った。そん時、奈良選手と席が一緒だったんだけど”なんか自分今日、同じぐらいの歳と思って親近感わいちゃってため口聞いちゃってすみません”と。奈良選手ってまだ30歳になってないはず。自分アラフィフなんですが、アラフィフに全く見えない。ちゃらくてすみませんw。昔から、中学生の時は小学生に見られて、高校の時は中学生にみられて、はじめての国体で成年なのに自分より年下の高校教師に”少年は後ろに並べ~”って言われたり、県の強化合宿で”お前どこの高校じゃ”とか高校の先生に言われたり。まぁ、身長は二十歳になるまで伸びてたし、自転車の選手なので足の毛をそるシェーバーは持ってたけど、毎日髭をそるようになったのは24歳を過ぎてからだったしね。

Photo_5 チームマネージャーの中国系アメリカ人のダニー。とても頭が良くて、自分は英語しゃべれないんだけど、単語の羅列と自転車競技用語でやり取りは成立してました。その後ろがメイタンのTomokoさん。

Ttw 初日TTスタート前のトレンガヌ プロ アジア サイクリングチームの選手。左から韓国人ライダーのキムかチャン(最後まで区別がつかなかった)奈良選手、キムかチャン、福島選手、タイ人のプーチョン(ニックネームはバズ)。

Toj ステージレースでは、ホテルのエレベーターのところにこんな感じで各チームが部屋割りを貼り出す。TOJの東京ステージの宿が5星のニューオータニの時は、貼らせてくれなくて、何か足元だったら良い”とか”見えんだろ、そんなところじゃ”って感じで伝統と格式ばかりでスンゴイ使いにくいホテルだった。

Tt_2 初日TTが終わった後、洗車オイルアップしてピカピカになったバイク。オイルアップと翌日からのロードレースに合わせてホイールやスプロケットの交換とかのセッティング変更した。

明日からいよいよ、ロードレース。天候はヘビーウエットの予報。続く

« ツールド熊野2011① | トップページ | 東京のS木様レコハブクロノF20DTコンペティションにアルミニップル »

レース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411254/40282821

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド熊野2011②:

« ツールド熊野2011① | トップページ | 東京のS木様レコハブクロノF20DTコンペティションにアルミニップル »