« つがいけサイクルクラッシック2011のお知らせ | トップページ | しまなみアイランドライド2011 »

2011年4月29日 (金)

明石市長杯第25回春季タイム・トライアル兵庫県公式記録会

明石市長杯
第25回春季タイム・トライアル兵庫県公式記録会
4月29日(金)

8:00~9:00 機材準備
8:30~9:00 受付
9:00~9:20 公式練習1(登録選手)
9:25~9:45 公式練習2 (未登録選手)
9:30~9:50 役員打ち合わせ
9:55~10:00 開会式

10:05 200mTT 12名
10:20 1KmTT 42名
11:25 400mTT 19名
11:40 500mTT 4名
11:45 チームスプリント 4チーム
11:55 4㎞チーム・パーシュート 2チーム

12:10 昼食休憩
12:40 表彰(200m・400mTT)

13:30 2㎞インディビデュアル・パーシュート 2名
13:35 4㎞インディビデュアル・パーシュート 2名
13:45 3㎞インディビデュアル・パーシュート 23名
15:30 表彰及び閉会式

今回の審判執務は、電子計時のバックアップの手動計時とチームパーシュートのグリップスイッチ。

兵庫県には、2006年に開催された”のじぎく兵庫国体”のために用意された電子計測システムと
¥1200万でセイコーに作らせた、電子制御式スターティングブロックがある。

Photo_3
いかんせん、7年前に作ったものなので旧式なため、デカくて重たく運用には競技役員に多大な負担となる。
しかし、UCIレギュレーションに則ったスタート方式を経験出来る事は、選手にとっても今回のように競技者登録をしていない一般の方にとっても、非常に意義あることだと思うのだが。

兵庫のスターティングブロックは、圧縮空気を使ってホイルをホールド(っというか挟み込む)するのだが、最近の物はステップモータを使っている。
小型で運用もとても楽になっている。

今回は、参加人数が少なくて早く終わった。
審判執務は大体、年に二回から三回行ってます。

県外執務は、一昨年断ったにもかかわらず携帯電話に開催県から直接電話に、執務養成の電話がかかってきたので渋々受けましたが。
兵庫車連のN野先生が推薦して、ご丁寧に携帯の電話番号も教えたと。

審判執務は、基本ボランティアなので趣味ならいいけど、本業が競技用自転車なNRSにとっては大きな負担。
しかし現役時代選手としてお世話になっているし、顧客も出てるし。

秋季記録会には、何か参加賞的なモノを提供しようかと検討ちう。
県車連のN野先生に聞いたらボトルが良いんじゃないかと言っていたので、NRSロゴ入りボトルでも作るか。

来週の8日の県民体育大会自転車競技大会も審判で出張ります。8日は競走種目が入るので、タフな一日になりそうです。

開会式

Photo_4 公式練習。ほとんど高校生のために競輪用ヘルメットの使用率高しPhoto_5 2 3 4

1KmTTで見事公言通り1分18秒台を記録したT尾さん。

Superzipptktt T3746nrs

見よこのフォーム!37歳!!1KmTT1分18秒台。4Kmパーシュート5分37秒!!。ホイル、フィッティング、メンテナンス、トレーニングアドバイスはNRS。

Kmtt118_2 Ttsuperzipp5

ヒルクラムから、トラックまでこなせるSUPERZIPP。これは5年目。フリー交換(現在は対策済み)・海岸線を走っていて砂をかぶったフロントのベアリング交換・チェーンをかんだギヤサイドのスポーク交換のみ。まだまだ、絶好調。こんなホイールを組んで売るのは、商売としては正しくないと思う。

« つがいけサイクルクラッシック2011のお知らせ | トップページ | しまなみアイランドライド2011 »

レース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411254/39811474

この記事へのトラックバック一覧です: 明石市長杯第25回春季タイム・トライアル兵庫県公式記録会:

« つがいけサイクルクラッシック2011のお知らせ | トップページ | しまなみアイランドライド2011 »