« 長野のT林様BASSOリビルド | トップページ | 呪いの解けるポンプ、入荷しました »

2011年3月21日 (月)

神奈川のK村H之様、エクタープロトン

神奈川のK村H之様。船舶の内燃機関のエンジニアをされている。エクタープロトンオーダーに関するお問い合わせをいただいたのは昨年の11月18日。

”NRS 御中

はじめまして。

突然ですが、Extar Protonオーダーの相談で、
11/19(金)の夕刻、訪問させてください。
1700 - 1800頃を予定しています。

当方、川崎市在住、38歳、178cm x 75Kg
高校生時代は、グリーンピアなどの草レース参加経験有。
(当時はチューブラーでした)

20年ぶりに廉価完成車で復活、色々いじりましたが、
今般、良いものを永く乗ろうと思い立った次第です。

現保有はスローピングのフルアルミ+SORAコンポ
(MERIDA、2007モデル)
シート : 500 (C-T)
トップ : 555 (C-C、水平換算)
ヘッド : 140

高校生時代も現在も、ポジションから整備まで自己流です。
当時の記憶を頼りに色々いじっていますが、
ヘッドが短いのか、サドルが高過ぎるのか、
サドルとハンドルの落差が大き過ぎるように感じています。

使用目的
週末中長距離ファンライド。
将来的にはロングライドイベントにも参加したいが、
レースへの参加は考慮していません。

想定
フレーム : Extar Proton(ラグメッキ等、特殊工作は望みません)
コンポ : 5700系105
ホイール : チューブラー
予算 : 25 - 6万円(貴ブログから判断するに、少し足りない?)

サドル、ペダル(SPD)は持込。
また、ハンドルバー(420巾)、ピラー(27.2mm x 350mm)、ステム(突出110mm)も、サイズが合えば持込みたいと考えております。(ケチくさいですが…)

その他、ボトルケージやメーター、携帯ポンプ等は一式手持ち流用です。

ご都合お聞かせください。”

そして、19日に来店されて早速フィッティング。身長は178㎝体重75㎏。結果、適正ホリゾンタルフレームサイズは590と出た。しかし、トップチューブ長はステム100で550。脚は長いが手はそんなに長くないことが分かった。

吊るしフレームや完成車でフレームサイズが590とかだとトップチューブは570以上になる。

体重が75㎏と言うことでぎりぎりアルミ最軽量のアンブロッシオクロノF20が行けるのでスポークだけ2.0-1.8のダブルバテットのDTcompetitionで行くことに。

色指定は、色見本では決められなかったので後でメールするとのこと。オーダーフレームの良さは、手足の長さにあった各部の細かいサイズ指定もあるのだが、色を自由に決められるところも魅力。

今回は、”フレーム塗装色
オレンジでお願いします。
想定は、ホンダフィットRSのイメージカラーです。
http://www.honda.co.jp/Fit/rs/ ”となった。塗装屋さんにこれをそのまま送って、色を合わせてもらう。まぁhttp://www.n-rs.com/yanashita_sama_extar.htmlこんな色指定した人もいますから。塗装の色は、すべて職人さんが合わせて作るので、出来上がってからのお楽しみといった感じ。

ほどなく、K村さんからメール。やはり380gのクロノF20では不安があるのでネムシスに変えてほしいと。

で、フレームが仕上がってきたのが二月中旬。

Photo ホイールは

Photo_2 最強のチューブラーリム、アンブロッシオネムシス(ネメシスと言うこともあるみたい)450gオーバー。このリムは、クラッシックの女王、北の地獄と称される”パリ・ルーベ”でトムボーネンが毎年メカニックに手組させていることでも有名。

なのでリムにはフランス語で”北の女王”と記されている。

Photo_3

リム重量は、ハブが重たいのとスポークが堅牢なDTcompetitionなのでやや重たい。

859g 1056g

重たいけど、チューブラーなのでクリンチャーと比べてはるかに走行感は軽い。しかも乗り心地が良くて頑丈。

925908630rdt 完成した、エクタープロトン。サイズ、でかいw コンポ105で9.2kg。クランクは、172.5mm。フレームはガラスコーティングの様にフレームを傷めない、クリスタルロックを施工してある。

1725 パイプは、ニッケルモリブデンのカイセイ8630R。

8630r ストレートフォークになで肩クラウン。Photo_4 K村さん、実家がこちらなので直接引き取りに来られる予定だったが、震災の影響でお仕事の為、当初の予定通りに発送した。

バイクの発送には、ダンボール製の甲のバイクパックを使う。http://www.kabuto99.com/product/3

このバイクパックは、サドルを抜いて前後輪を外すだけでパッキングすることができる。再利用できるように作られている。¥5950。NRSでは、これを使って北海道や東京の方にもバイクを送っている。使わない時はある程度畳むこともできる。NRSに来られない方でも、メンテナンスとかで気軽に送ることができる。送料は、本州で¥3000以内。北海道で¥6000ぐらい。沖縄は¥9000ぐらいで送ることができる。

K村さんから早速感想をいただいた。

”NRS 橋本様

40キロほど乗ってきました。起伏はなく、ほぼフラットなコース。

1) 都合で引取りに行くことが出来なかったので発送願ったのだが、受領後、前後ホイールをセットしただけで、
微調整することなく変速がビシバシ決まる。ノイズも出ない。ブレーキもビシッとセンターが出ている。
また、ブレーキのカッチリ感にはシビれた。

2) 自宅を出発してすぐの登坂でグイグイ進む。気持ちの高揚もあったのだろうが、無意識にダンシングし、さらに加速させようとしている。

3) ゼロ発進からの加速がスムーズ、そして速度の維持が容易。各部の抵抗を極限まで減らしている感覚。
(新品ハブのベアリング当り、調整されましたか?)※してませんw

4) 身体が局部的に痛くならない。サドルは結局サンマルコ・コンコールライトの継続使用を止め、見た目重視で薄いセライタリア・フライトを新調したので、尻の痛みが不安だったのだが全くの杞憂に終わった。
フィッティングによる適正ポジションのおかげか?

5) 手を伸ばした位置にブラケットがある。下ハンも無理なく握れる。これもフィッティングのおかげ?

6) 乗り心地がよい。理由はチューブラー?フレーム?ホイール?はたまたそれらの相乗効果か?

7) さすがチューブラー、8Kのエア圧でゴツゴツしない。廉価グレードのビットリア・ラリーでこれだから、ハイグレードタイヤを使うと、と思うと次への期待が膨らむ。

どこまででも走って行けそうな感覚です。

これまでずっとDIYだった自転車趣味ですが、今回のフィッティング、オーダーで新しい発見がありました。
身長の割りに手も足も長いと勝手に自覚していたのですが、実は足だけが長く、手の長さは並であり、サドルとハンドルの落差を取る必要が無いことが分かりました。欧州プロのポジションを参考にしていたのだが、全く見当違い。

フレームサイズ590に対し、トップ長550と、非常に変則サイズとなりましたが、これも客観的に判断してもらわないと分からなかったですし、そんな吊しモデルはなかなかありません。

あと、下衆な話ですが、他人の高級ブランドバイクが全く羨ましくなりません。
40才をを目前に長く付き合えるバイクとめぐり合えたと思っています。

エンドはメッキしたほうがよかったかもしれません。どうしても塗装が剥がれます。

105コンポの完成車は、20万前後でカーボンモデルが手に入る時代ですが、フィッティング、その結果に基づくサイズによるオーダーフレーム、手組ホイール、生業のプロによって組まれたバイクと価格差を論じるのは失礼ですね(笑)。

メンテ等、また相談させてください。”

ご満足いただけたよう。

エクタープロトン・コンポ105・ホイル手組チューブラー(ネムシス)タイヤ ビットリアラリー、ペダル・ハンドル・サドル持ち込み、スペアタイヤ一本込で¥283197也。

« 長野のT林様BASSOリビルド | トップページ | 呪いの解けるポンプ、入荷しました »

バイクギャラリー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411254/39313903

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川のK村H之様、エクタープロトン:

« 長野のT林様BASSOリビルド | トップページ | 呪いの解けるポンプ、入荷しました »