« NRSのステッカーデザイン | トップページ | H様レコハブ・クロノF20・CX-RAYブラックでホイルビルド »

2010年10月18日 (月)

SUPERZIPP組みまくり

土日にかけてSUPERZIPPを3ペア組んだ。

Superzipp_3

土曜にワンペア、日曜に2ペア。1日に2ペア組んだのは初めて。身体に堪えた。今日もワンペア組むつもりだったが、集中力が保てそうにないのでやめた。SUPERZIPPのホイルビルドは、精神力を削る。

使用しているハブは、フロントがアメリカンクラシックMicro58。Micro5825h57g 実測は、24Hで57g。

リアはRoad205224g 221g。ROAD205と言うからには本来205gなのだが、フリーボディーのスプロケットがはまる部分に改良を加えた結果、重量増となった。

使用スポークは最高で最強のスポークSapimCX-RAYのブラック。

リム重量は、フロントの24Hが28524h330g ジャスト330g。

リアの28Hが28528h229 329g。通常、カーボンリムの場合は、ホール数の多いほうが軽くなる。SUPERZIPPに使用しているZIPP285リムのカタログ重量は344g。自分は、ホイルを組む時は極力リム重量を測るようにしている。特にカーボンリムに関してはすべて測っている。これは、ホイルの品質管理で非常に重要なことだ。EDGE1.25を使ったヒルクライム用超軽量ホイール”960”(前後重量が960g台なので)はカタログスペック195gだったが、実測すると205gから225gと結構ばらつきがあった。”960”はヒルクラムレースの前日試走を終えて下っている時に、ブレーキの熱でリムが熱変形してしまった。”960”は販売停止にした。

話がそれたので元に戻す。

ZIPPリムがリムホール数に関係なく重量差が1g~2gなのは、ホール数によってカーボンの積層を変えていると推測される。マビックなど、ホイル重量100g~200gぐらい平気でさばを読む。    

Superzipp497g_2 SUPERZIPPのフロントは497g。

リアはSuperzipp684g_2 684g。前後合わせて1181gだ。

Superzipp_4 SUPERZIPPは2010年10月現在¥195650。価格仕様は予告無く変更することがあります。

これだけ組んでもまだまだ、バックオーダーは続く。SUPERZIPPの納期は約3カ月です。

詳細はNRSのサイトで。SUPERZIPPをお待ちの皆さん。今しばらくお待ちくださいませ。

« NRSのステッカーデザイン | トップページ | H様レコハブ・クロノF20・CX-RAYブラックでホイルビルド »

ホイルビルド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1411254/37295656

この記事へのトラックバック一覧です: SUPERZIPP組みまくり:

« NRSのステッカーデザイン | トップページ | H様レコハブ・クロノF20・CX-RAYブラックでホイルビルド »